NEWSお知らせ

鮭って大きいね!

「いただきます」は『命をいただくこと』を伝えたい!本園の調理師が身近な魚「鮭」を子どもたちの目の前でさばいてくれました。丸ごと一匹の鮭を見たのは初めての子どももいて興味津々!

 

一工程ずつ丁寧に説明しながら進めてくれました。「なんかにおいしてきた!」「赤いのって血⁈」頭に包丁を入れると「痛そうだねぇ」。「おなかの中になにがあるかな?」の問いかけには「あかちゃん!!」との声も!

それから身も内臓も卵も(アレルギー等に十分配慮したうえで)実際に近くで見て、触って、嗅いでみました。

   

「ぷにぷにする」「べたべた!」「くさい!」「黒いのもあるね」「お寿司屋さんのにおいがする」「硬いところもあるよ」などなど…五感をいっぱい働かせて真剣に鮭の命に向き合っていました。

そして、今日の給食は「鮭のちゃんちゃん焼き」。さっき見た鮭がおいしいお料理になって、みんなの体に入って元気な体を作ってくれるんだね。どのクラスからも、ありがとうの気持ちがたっぷりこもった元気な「いただきます」が聞こえてきましたよ。

このページの先頭へ

児童発達支援・放課後等デイサービス

札幌