NEWSお知らせ

0歳児さんの公園さんぽ

先日からお天気も良く絶好のお散歩日和でしたね。

0歳児さんも公園へ行き、お日様の光を浴びながらゆったりと遊んできました。

今年は月齢差が半年ほど離れていることもあり、歩ける組は公園散策や斜面上り下り

ハイハイずり這い組はレジャーシートの上で探索活動でした。

慣れるまでは芝生に触れるだけで泣いたりもしますが新しい世界を知る第一歩でもあるのです。

11月から入ってきた新しい子も、始めは母子分離や知らない場所で泣くのと一緒で

安心だとわかることが大事なのです。そのために必要なものは絶対的な存在すなわち信頼関係のできている

人なのです。赤ちゃんは不安や大丈夫なのかな?といったとき必ず親の顔を見て確認行動をとります。

その時に共に嫌な顔をすればその子にとっておそれは負のものと認識されていってしまうのです。

話がそれてしまったので戻していきますね。

少しずつ世界を広げていっている最中のお二人さん。

歩行組さんは自分の視界から見える景色と獲得した移動手段を駆使しての

探索や体を使った遊びで世界を調べているところです。

 

この日はうさぎ組さんが一緒に散歩に来てくれて、ボール遊びをしていましたよ

 

 

小規模保育園
ナーサリーゆめの木平田

市川市平田(最寄駅:「本八幡駅」)
このページの先頭へ

児童発達支援・放課後等デイサービス

札幌