児童発達支援・放課後等デイサービス
ゆめの木なかのしま
施設のご案内

ゆめの木って?

主にフットサルや水泳を中心に「スポーツ」を第一に療育に取り入れている事業所です。

「Safilva(サフィルヴァ)北海道」の元プロバレーボール選手も児童指導員として常勤しています!
フットサルでも元プロの選手が来るので、子どもたちのやる気がアップ!!

他には、跳び箱・マット運動・体幹を鍛えるトレーニング・レクリエーションスポーツなど、様々なスポーツを取り入れて、『誰でも楽しめる!』を目標に療育をしています。
もちろん公園散策や工場見学などの戸外療育や調理実習なども行っています。

ゆめの木でしか体験できないスポーツ療育を通して、私たちと一緒に様々な可能性を見つけていきませんか?

 

施設長あいさつ

                         

ゆめの木なかのしまはスポーツを通じて、「挨拶」「友達と協力すること」「好きなことや得意なことは思いっきり楽しむこと」「やり遂げる力が身につくこと」「苦手なものに対して、少しでも向き合えること」が出来るように支援させていただいています。

子ども達がたくさん汗をかき、沢山笑い、沢山考え、安心して過ごせるよう、職員が一丸となり、子どもたちに合った環境づくりを日々工夫しています。

また、施設近くの公園には川が流れ、一歩奥に入ると大きな散歩コースもあり、四季を楽しみながら戸外活動も行っています。

その子が持つ「生活のしずらさ」を、一人ひとりの個性に合わせながら整えていけるよう、また長所が大きく伸びるよう、未来に向けて子どもたちと一緒に考えていきたいと思っています。

子ども達の生き生きした姿を見に、ぜひ一度見学に来てくださいね!

 

施設のご案内

  • 施設1

    清潔感のある白を基調とした療育室で、子どもたちの心が落ち着く空間作りに心掛けています。その日のスケジュールがひと目でわかるように工夫したり、子どもたちと一緒に整理整頓をしたりして、怪我無く楽しく遊べるように配慮しています。毎日楽しそうな子どもたちの笑顔と笑い声があふれています。

  • 施設2

    子どもたちが落ち着いて勉強できるよう個室を設けています。宿題や読書する時、またちょっと一人になりたい時などに利用することが出来ます。ガラス面もあるため全面が壁に覆われていず、圧迫感の無い部屋となっています。

職 員

  • 施設長: 1名
  • 児童発達管理責任者: 1名
  • 児童指導員: 6名

 

自己評価表の公表

 

児童発達支援・放課後等デイサービス ゆめの木なかのしま

〒062-0921 札幌市豊平区中の島1条9丁目5-5
第5もりいマンション1号

TEL011-598-7115

このページの先頭へ

児童発達支援・放課後等デイサービス

札幌