園の取り組み子どもの健康寿命をのばす保育園

子どもの健康寿命をのばそう!!

資生館ゆめの木保育園ナーサリゆめの木は「介護予防指導士」の資格を持つ看護師が中心となり、「子どもの健康寿命をのばす」取り組みを、保育の一貫として取り入れております。

Q:健康寿命って何?

A:健康寿命とは、「病気や介護などで日常生活を制限されることなく、健康的に生活を送る事の出来る期間」のことです。

厚生労働省のデータによると、近年「健康寿命」と「平均寿命」の差が広がってきています。そして、その差は約10年もあるのです。つまり、人生を終えるまでに、何らかの形で病気や介護等を受けながら生活する期間が約10年続くということです。

それには生活習慣病が深くかかわっています。そして、生活習慣病を防ぐためには、幼少時からの予防がとても大切です。

私たちは、子どもたちの健康寿命がのびるよう、幼少時から「介護予防」三本柱である、「栄養改善」「口腔ケア」「運動機能の向上」を積極的に取り入れている数少ない園の1つです。

超高齢化社会に突入している日本。高齢者人口は2025年には約30%、2060年には約40%に達すると予想されています。
大切な我が子が生涯元気で自分らしい生活ができるよう、またはその期間がのびるよう、これからも保護者様と一緒に活動して参ります。

栄養改善

野菜

10人に1人が肥満児、10人に2人が低栄養児と言われている現代。肥満や低栄養には子どもたちの食生活が大きく関わっています。

当園の給食はお米が中心の「ごはん給食」を提供しております。
「ごはん給食」とは、主食がお米で和食が中心の給食のことです。噛み応えがあり、子ども本来の味覚に合った薄味なので、「目・鼻・口」を使って、素材の味を味わいながら食べられる素晴らしい給食です。
また、「ごはん給食」を食べることで、良質な脂肪や食物繊維・ビタミンが摂取でき、肥満や生活習慣病を発症しにくいからだをつくります。

また、二大アレルゲン(卵・牛乳・乳製品)を使わないことで、食物アレルギーの発症を防いだり、アトピーなどの改善を図っています。(小麦も極力使用していません。)食物アレルギーのお子さんにも優しい給食です。

 

口腔ケア

給食

65歳以上の4人に1人が認知症か、その予備軍といわれる日本。現在日本だけで700万人の認知症患者がいます。
認知症を予防し、発症しても進行を遅らせるためには「口」の健康が欠かせません。

歯の残存数がほとんど無い人は、20本以上ある人に比べて認知症の発症率が2倍に増えるといわれています。
当園が提供している「噛み応えのあるごはん給食」は、子どもの咀嚼回数を増やし、顎の発育を促します。しっかり噛むことで将来歯が多く残る可能性が増え、健康を維持できるのです。

また、よく噛むことは、唾液の分泌を向上させ虫歯を予防します。
他にも肥満を防ぐ、味覚が発達する、言葉の発音がはっきりする、表情が豊かになる、脳の発達を促す、がんを防ぐ、胃腸の働きが促進する、全身の体力が向上する、認知症が予防されるなどの数々の良い効果を生み出します。

 

運動機能の向上

運動

健康運動指導士の牧村 裕太(まきむら ゆうた)先生が毎月1度来園し、全園児を対象に「楽しいを大切にした運動あそび!」を行います。

運動の目的は「体幹を鍛える」「バランス力をつける」「腕力で自分のからだを支える」などです。幼少期に大切な「自分のからだの使い方」を身につけます。そうすることで鉄棒などの運動器具を使った運動がスムーズに出来るようなったり、衝突などのけがを予防出来たりします。

「体育」は授業で教師から受けるもの、「スポーツ」は好きな人がやるものですが、「健康運動」は全ての人のためのもの。
キーワードを「楽しい」に位置付け、健康遊びに着目した運動プログラムでからだを動かします。
子どもたちが「からだを動かすことって楽しい!運動は特別なことではなく、普段の生活の中でも出来るんだ!」ということを認識し、自分の健康を一生涯気にしながら生活していけるように土台を築きます。

また、3歳児以上児は近隣にある「札幌スポーツアンドメディカル専門学校」に訪問し、学生と一緒に運動する取り組みも行っています。(現在は新型コロナウイルス感染症の影響により中止しています)

札幌エリア

このページの先頭へ

児童発達支援・放課後等デイサービス

札幌